原因を考える

紳士の不妊症の原因に「精子無力症」があります。精子無力症は、射出精液の中で運動して要る精子が少ない状態です。精子は、卵子にかけて鞭毛を動かして泳ぐので、作用割合が低かったり、ハイスピードでまっすぐに泳ぐことができる精子が少なかったりすると、おめでたしにくくなります。

精子無力症の原因は、生まれつきなものが大半ですが、高熱、睾丸上部の静脈がトラブル肥大する「精索静脈瘤」、おたふく感冒や前立腺炎で併発達する「精巣炎」などが原因の場合もあります。また、年中、禁欲だった場合も精子の作用割合を低下させる原因になります。

精子無力症のやり方としては、軽度の際、ビタミン剤や漢方薬などホルモン剤ではない薬による非ホルモン療法を行いながら、精液診察を定期的に受けて精子の状勢を見ることになります。精子をつくるには74日間掛かり、その精子が作用できるようになるには14日間陥るので、こういう取り入れ診断をせめて3ヶ月は積み重ねる入用があります。

精子の作用割合が良くならない場合や、作用割合が上がってもおめでたにつながらない際、重病都度の大きい乏精子症の場合は、奥様陣営への不妊症のやり方を併用決める。この場合、重病都度を通じて奥様陣営のやり方が変わります。素因が断固わからず、中度~重度の精子無力症の場合、紳士陣営への有効なやり方が望めないので、奥様側に人工授精や体外受精などのおめでたを促す診断を施すことになります。

また、精子無力症が軽度の場合でも、妻のカテゴリーによっては、ご亭主に長期間の治療を受ける時間的な窮屈などの理由で、妻への不妊治療が優先されます。